果樹園のキーアクセサリー

安井ファームの各種カギ置き場。
セキュリティの関係上、その全貌をお見せするわけにはいきませんが、なかなかどうしてごちゃこちゃしております。

「えーっと、あのトラクターのカギってどれだったっけ??」

わかる人にはすぐにわかるのですが、たまにしか使わないとなると記憶があやふや…なんてこともしばしば。

広報
もしここに何のカギかひと目でわかる、素敵なキーアクセサリーがついていたら…!!

そんなわけで本日の広報見聞録は「キーアクセサリーの制作」ということでお送り致します。

制作編

特に何か思い入れがあるわけでもないのですが、その時たまたま目についたカギが果樹園のものだったので。

とりあえず果樹園専用キーホルダーを制作することから始めてみます。

こちらが今回のターゲット。
(※防犯上の理由により、鍵のカギたる部分を加工しています)

プラスチックタグに「果樹園」と手書きした紙を挿入し、一応はそのままでもこれが果樹園のカギだとわかるようにはなってます。

これを無理に変える必要はあるのか、と言われるあまりそうでもないような気もしますが、別に素敵カッコよくしたところで、きっと文句を言われることはナイでしょう。

むしろなんかこう、ちょっと果樹園に行くのが楽しくなるかもしれないじゃないですか。

◇◇◇◇◇◇◇◇

素材に使うのはもちろん安井ファームの廃材。

選果営業部責任者
リュウ(広報)の引き出し、ゴミばっかり入っとる
穀物部責任者
ゴミ箱と変わらんやんけ

言われ続けて早半年経った頃でしょうか。

先輩方にそれらが『素材』であることを証明するため、どんどん使ってまいりましょう。

まずは素材のひとつに4.0mmの穴をあけます。

1年前の広報であれば、ここまでで半日かかっていたかもしれませんが、 なんということでしょう、今となっては5分もかかりません。

さて、次の一歩に進むため、ここで必殺の新兵器に登場していただきましょう。

レーザー加工機!!

3Dプリンターにみたいな出で立ちですが、そんな機能はまったくございません。

ではどんな機能を内蔵してるかと申しますと…

これは説明するよりも実際にご覧いただいた方が早いと思うので…

…おっ、ちょうどいいところにドラ焼きがあるじゃないですか。

ドラ焼きをセット&スイッチON!!

5分後。
高出力レーザーによりドラ焼きの表面に安井ファームのロゴをプリントできました!

◆◆◆◆◆

安物なのでガラスや金属には刻印できないのですが、オリジナルデザインなんかをPCを通じて入力してやると、そのデザインを対象物にレーザーで焼くことができるという広報担当の新必殺技です。

遠回りしてしまいましたが、早速穴をあけた素材に焼き入れを行いましょう。

Illustratorで加工した画像を読み込ませて…

スイッチON!!

ちなみにこちら、安井ファームのクラフト工房は茗荷谷師匠のDIYによりもの凄くものづくりできそうな雰囲気を醸し出してます。

刻印終了!
素敵にこんがり焼けました。

反対側も「果樹園」の文字を刻印。

さらに耐久性向上のため、柿渋を塗ってから、蜜蝋ワックスで仕上げます。

最後に金属製のリングを穴に通し、継ぎ目部分をハンダで接着しまして――

完成!

ヴィジュアル面に広報の手先が関わってこないため、なかなか素敵な仕上がりとなりました。

新兵器様々です。

社長評価

社長
今までので一番カッコイイ…!!

けど…

広報
なんでしょう?
 
木材の選定がダメかな。要改良!

最後に

さて、今回は技術的には高評価を得られたものの、使用した『素材』が社長の好みに合わなかったようです。。。

カギ置き場的にもそれぞれがひと目でわかるようにバリエーションが欲しいところですし、ここから更なる素敵アクセサリーを目指して頑張りたいと思います。

◆◆◆

広報の挑戦は続く。。。

(文:広報)

※有限会社 安井ファームは主にコメとブロッコリーを生産している農業法人です。